未成年事件

栃木リンチ殺人事件 萩原克彦 梅沢昭博 村上博紀

栃木リンチ殺人事件1999年12月4日複数の少年らによる拉致、監禁、暴行、恐喝、殺人死体遺棄事件、が栃木県で発覚しました。
無抵抗な被害者を加害者少年らが連れ出して、暴行を加え多額の金銭を奪い殺害に及んだという凶悪、凄惨な少年犯罪です。

また被害者の両親から何回もの捜査依頼を受けながらそれを拒絶し続けた、
栃木県警察の不手際も世論に衝撃を与え、一部国民の警察不振の一因となった事件でもあります。

事件概要

栃木県警察警部補を父に持つ当時19歳の犯人萩原克彦は幼い頃から、
粗暴な行為が目立ち通信制の高等学校退学した後は暴走族に入り恐喝や障害などの事件をたびたび起こしていました。

萩原克彦は日頃から同じ会社の当時19歳の 梅沢昭博、無職の当時19歳の村上博紀から金銭を巻き上げており、
やがて梅沢昭博は会社の同期で性格がおとなしい須藤正和を身代わりに立てることを思いつきます。

これが事件のきっかけに…

そして1999年9月29日
梅沢昭博が男性を電話で呼び出すと萩原克彦達3人は男性を拉致しサラ金から次々と借金をさせて自分たちの遊興費に充ててい
いきます。

須藤正和がサラ金から借金を拒絶されるようになると、
今度は男性の知人や友人から金を借りさせおよそ2カ月にわたって男性を連れ回しました。

その間男性をホテルなどに監禁し様々な暴行を加えていくのです。

最高温度のシャワーをかける熱湯コマーシャル。

殺虫スプレーにライターで火をつけ浴びせかける火炎放射器などのリンチをし、男性を散々いたぶっていきます。

それにより、男性の肌は焼けただれ腫れ上がっていきました。

死体を検視した段階では皮膚の8割がやけどをおいたとえ考察されなくとも、
いずれ死亡したと思われるほどにひどい外傷だったといいます。

それにもかかわらず病院に連れて行ったのは1度きりでした。

病院に行った際も萩原克彦達が診察室までついて入り
須藤正和に心理的圧迫を加え医者には腕のやけどしか見せることは許しませんでした。

そして火傷した皮膚に90度以上のポッドの熱湯をかけさらに日常化していた、
熱湯シャワーをかけており抵抗すると殴り続けるなどのリンチを加えます。

動かない警察

須藤正和の失踪に不審をいだいた、男性の両親は栃木県警石橋警察署(現・下野警察署)に捜査を依頼します。

しかし応対した担当官はお宅の息子さんが悪いんじゃないの仲間に金を分け与えて面白おかしく遊んでいるんだろう。
麻薬でもやっているんじゃないの?警察は事件にならないと動かないんだよなどと男性の両親を突き放し全く取り合おうとはしませんでした。

その後、両親は石橋警察署だけでは埒があかぬと、
宇都宮東警察署、宇都宮中央警察署、黒羽警察署、栃木県警本部にも捜査を懇願し続けましたが、
その一切が拒否されています。

須藤正和の両親は独力で男性が監禁暴行されている事実を掴み、
犯人グループに梅沢昭博と 村上博紀がいるということも突き止めました。

しかしそれでも石橋警察署は全く動こうとはしません。

男性が勤務していたN自動車会社も 梅沢昭博の証言を鵜呑みにして
男性が嘘を言っていると思われるとの見解を示します。

しかし梅沢昭博は社内でも札付きの存在に対し、
須藤正和は欠勤すらない真面目な社員でした。

社内の評判も良かったことからこの対応は不自然であるとしジャーナリストの黒木昭雄は 、
N自動車会社による事件隠しではないかと推察しています。

やがて、須藤正和から両親のもとにたびたび金を無心する電話がかかるようになり両親は
男性の安全のために金を振り込み続けています。

その金を銀行におろしに来た須藤正和の姿が銀行の防犯ビデオに映っていましたが、
男性の外見は神は丸坊主にされ眉をそり落とされ、さらにやけどや殴られた痕があり失踪前とかなり異なっていたようです。

銀行の関係者は須藤正和の後ろに複数の男たちがついていました。
いつでもビデオ証拠として提出する用意があるので警察に相談してくださいと須藤正和の両親に勧めます。

両親は再び石橋警察を訪れビデオテープを
証拠品として銀行から取り寄せるよう依頼しました。

しかし裁判所の許可もないのにそんなことできないと再び突き放します。

警察官の失態

この署員の発言は令状の事を指したものと思われますが、
銀行関係者の発言から任意の提出に応じた可能性はありました。

その際、
須藤正和から両親の携帯電話に電話がかかってきます。

男性の父親は自体がひっ迫していることを理解してもらうべく、
お父さんの友人がいるからと友人に見立て警察官に携帯電話を渡しました。

しかしその警察官が「石橋署の警察官だ」と名乗ってしまい電話は切られてしまいます。

警察官は「あっ切れちゃった」と言って携帯電話を父親に反したといいます。

一部では、萩原克彦はこの出来事によって警察の捜査が、
自分たちに迫っていると考え男性の殺害を決意したのではないかという見方がされています。

後に、この刑事の不用意な発言が須藤正和の殺害計画のきっかけとなったことが、裁判で認定されました。

殺害の理由としては他にあまりにも壮絶なリンチを加え続けたが故に、男性の体にはすでに不可逆的な傷が残されており、
男性を生かしていたら事件発覚は免れないと判断したからだと言います。

そして殺害計画が実行される

1999年12月2日
犯行に途中から加わった当時16歳の高校生の D とともに萩原克彦達は男性をひもで首を絞め殺害します。

そして山林に埋め死体を埋めたかたにコンクリートを流し込みました。

さらに死体を埋めるコンクリートやべニア板、スコップ、砂利を調達するのに使われたのは、須藤正和の最後の給料だったのです。
この時男性は退職扱いとなっていました。

そして当時の殺人罪の公訴時効が15年であるため
死体を隠した後萩原克彦達は15年逃げ切ればいいと、追悼花火大会と称して花火で遊ぶなどしています。

自首により遺体が発覚

しかし良心の呵責に耐えられなかったD が12月4日警視庁三田警察署に自首し事件が発覚します。
三田警察署はDの証言に基づいて男性の遺体を発見しました。
翌日警視庁は萩原克彦、梅沢昭博、村上博紀を逮捕します。

萩原克彦の生い立ち

幼稚園のときに友達を水たまりに突き落とすなどのいじめ行為を行っており、小学生の時には、近所のいるイヌに石を投げ付けたり、蹴ったりしているのを近所の人が目撃しています。

中学卒業後は専門学校に進学したものの中退しその後はとび職や土木工事の仕事をしていたそうです。

どの勤務先でも態度は悪く、無断欠勤も多かったとのこと。

本人の代わりに母親が職場に謝りに、行くこともあったそうです 。

萩原克彦は過去に恐喝で検挙されたものの父親が現金、を持って謝罪に行って示談となっています。

梅沢昭博の生い立ち

梅沢昭博の生い立ち須藤正和を巻き込むことになった梅沢昭博は母親が夫から DV行為を受けていたことが原因で離婚しています。

夫は金遣いが荒く、離婚後も養育費を払うことはありませんでした。

梅沢昭博 は中学生時代はいじめを受けており次第に悪い仲間たちに誘われて暴走族に加入します。

この暴走族で知り合ったのがもう一人の犯人となる村上博紀でした

 

村上博紀の生い立ち

村上博紀 は父親が会社員、母親がピアノ教室の講師という家で育ちました。

村上博紀は進学したものの暴走族に加入し退学処分になります。

母親は更生してほしいという考えから村上博紀に車の免許を取得させ200万円近い新車を与えました。

この車が栃木リンチ殺人事件の際に使われており須藤正和が連れ回されることになります。

当初、萩原克彦は梅沢昭博と村上博紀に金銭を要求していましたが、
梅沢昭博が何の罪もない、須藤正和を巻き込む形でこのような事件に発展したのです。

事件のその後

当初警察の発表のみとし、須藤正和を元暴走族仲間という趣旨で報道していました。

しかし産経新聞社宇都宮局員が初公判を傍聴して初期報道と乖離した事実関係や事件の凄惨さに衝撃を受けます。

そして産経新聞栃木県版で19歳の暴走リンチ殺人事件として15回連載で県警の不手際を報じていきます。

後に写真週刊誌フォーカスがこの少年犯罪、の凄惨さと警察の不手際を報じると、他の雑誌やテレビのワイドショーも次々と
取り上げるようになり全国的な関心を呼ぶに至りました。

メディア与論の批判を浴びた栃木県警は2000年7月須藤正和の両親の訴えを無視し続けた警察官らを懲戒処分にしましたが、
最も罰が重いもので停職中4日間でした。

刑事裁判について

事件解決のきっかけを作ったり高校生は酌量が認められ少年院送致となります。

萩原克彦らも事件当時未成年でしたが、東京家庭裁判所は刑事処分相当として逆走し宇都宮地方検察庁は殺人死体遺棄で 萩原克彦らを起訴しました。

宇都宮地方裁判所は犯行は計画的で凶悪極めて自己中心的で酌量の余地は全くないとして萩原克彦、梅沢昭博 に求刑通り無期懲役
村上博紀、求刑通り懲役5から10年の判決を下しました。

萩原克彦は裁判中リンチの際の須藤正和の様子を見てどう思ったかという質問に「楽しかった」と発言しています。

また一時は死刑を覚悟していると発言しておきながらその後、
須藤正和の分まで長生きたいというのが正直な気持ちと発言を覆しました。

民事裁判では?

須藤正和の両親は栃木県警の捜査怠慢が息子を死に追いやったとして、
栃木県と加害者およびその両親に損害賠償1億5000万円を求める民事裁判を起こしました。

栃木県県警は一旦遺族に捜査ミスを認め謝罪していましたが、
裁判になると男性からかかってきた電話に出た際警察だなどと名乗ったことはなく男性の母親が騒いだために電話が切れた。

男性が自ら捜索願を取り下げるよう連絡をしてきた。
警察の対応は適切で当時事件を予見することはできなかった。
と発言を翻します。

裁判所は栃木県警の捜査怠慢と殺害の因果関係を明確に認め石橋署員の供述を全く信用できないとして退けました。
男性の遺族の主張を全面的に認める判決を下すのです。

その後東京高等裁判所は栃木県警の怠慢がなくても被害者を救出できた可能性は3割程度と、
判断し栃木県の賠償額を約1100万円に大幅減楽する判決を下しました。

この判決は栃木県警に大幅な配慮を示す一方警察の怠慢がなくても被害者を救出できた可能性が
なぜ3割程度なのか数値の根拠を示さず、被害者にも5割の責任があると判断する内容でした。

萩原克彦の父親は息子の判決確定後賠償金の減額を要求するために須藤正和の自宅を訪れこれを男性の両親に賠償の減額を認めてもらうまで、
何度でもくると毎日訪れて謝罪は一切しなかった。といいます。

被害者遺族は承服できずに上告します。

最高裁判所第二小法廷は被害者遺族の上告を棄却し捜査の怠慢を認め1100万円の賠償を命じた、2審東京高裁判決が確定しました。

今回の捜査怠慢の原因については主犯格 萩原克彦の父親が当事栃木県警警部補であったことから身内の不祥事を隠蔽しようとしたのではないかと
いう説があります。

実際石橋署の警察官が警察官らと名乗った経緯についても裏で萩原克彦に、
警察が動いていることを察知させるためだったのではとも言われていました。

さらに加害者高校生が自首のためにわざわざ数百 km離れた東京の警察署まで出向いた理由についても、
石橋所はおろか同じ栃木県内の警察署に自首した場合、口封じに殺される恐れがあったのではとの見方もあるのです。

須藤正和は非常に真面目で温厚な性格として知られており暴走族との設定は皆無でした。

須藤正和がなくなるまで両者員は警察26回訴え搾取された金額は728万円を超えると言います。

-未成年事件
-, , ,