未成年事件

旭川女子中学生凍死事件 廣瀬爽彩さん「未成年による集団性的暴行いじめの実態」

2021年2月北海道旭川市北星中学校の女廣瀬爽彩(ひろせさあや)に対する、
いじめ、集団性的暴行により死亡につながったとされる事件です。

この事件、少年法により写真と実名は出せない現実

この事件の1番のむなくそなところは、加害者が全員未成年。
法で裁く事ができず、被害者、被害者の周辺だけが不幸になるというなんとも胸糞悪い事件である。

この事件、加害者もひどいが、担任の教師(デート先生)、教頭の対応もものすごく胸糞になる事件である。

加害者A子との出会い

女子中学生は2019年4月に中学校に入学します。
住所による学区の関係で小学校の友人の少ない中学校となったこともありクラスになかなかなじめずにいました。

一人でいることがお多くなってしまった、女子中学生は塾に行くまでの時間に学校近くの公園で過ごすように
なります。

その公園は小中学生のたまり場にもなっておりいじめ集団の1人A子と出会ってしまうのです。

次第に公園で一緒に話をしたり家に帰ってからもオンラインで音声をつなぎながらゲームを楽しんだりするほどの仲になっていきます

そのうちA子の友人の B 男と近くの別の中学に通うC男が2人と一緒に公園で話をしたりゲームで遊ぶようになってきました。

旭川事件、いじめの始まり

その後、ゲーム中に卑猥な会話をしたりするようになり性的な会話だけでなくだんだんといじめを帯びたグループ会話になり、
5月に入ると女子中学生から笑顔も消えていったと言います。

母親に「ママ死にたい全部嫌になっちゃって」と漏らしていたそうです。

さらにゴールデンウィークには深夜4時ごろに
B男達に呼び出されます。母親もこんな時間にと止めましたが女子中学西はパニックになりいかなきゃーと怯えきっていたといいます。

そして被害者の女子中学生は他校の男子中学生による裸の動画送って写真でもいいおねがいおねがい送らないとゴムなしでやるからなどといったLINEメッセージによる脅迫に恐怖し自身のわいせつ画像を他校の男子中学生に送っています。

それを機に画像が中学生の line グループなどに拡散されていきます。

母親が担任に4回の相談、デートなので明日でもいいですか?

被害者の親族によれば2019年4月から6月にかけて合計4回にわたり
母親が当時の担任の先生いじめの調査を依頼しますがA子らは、おバカだからいじめなどないと放ち別の日には彼氏とデートなので相談は明日でもいいですか?との発言をしたそうです。

また被害者が犯人の先生へいじめの相談をした際、加害者に言わないようにお願いしたにも関わらず、その日中に加害者に知れ渡り不信を抱かせていたそうです。

自慰行為を強要いじめがエスカレートに

そしてA子やC男をたちが溜まり場となっている公園に女子中学生は呼び出されます。

A子やB男、C男だけではなく、C男と同じ中学のD子とE子も加わりさらには公園に居合わせた顔見知りの小学生も一緒になって女子中学生を取り囲みました。
そして自慰行為を強要し公園に隣接する多目的トイレに連れ込み大人数に囲まれ逃げることもできない女子中学生は彼女らの言いなりになるしかありませんでした。

煽られて川へ飛び込み自殺未遂に

2019年6月22日雨のふる川の土手の上に A子やC男他にも小・中学生がおよそ10人以上も集まって女子中学生を取り囲みます。

一人の生徒が女子中学生の画像をもっと他の生徒にも流してやると笑いながら中傷しその言葉に広げるのは止めてほしいと女子中学生は懇願します。

そして「じゃあ死ぬから画像を消してください」と答えると「死ぬ気もねーに死ぬとか言うなよ」と煽られた末に川へ飛び込み自殺未遂をする事件が発生します。

女子中学生は川へ飛び込む直前に中学校へ電話し助けを求めていました。そして母親も学校から連絡を受けすぐに川へと向かっています。

母親が現場に着いたときには、男性教諭によって女子中学生は川から引き上げられましたが死にたいと泣き叫び
着ていたジャージもずぶ濡れだったと言います。

その時加害者たちは土手の上から眺めていました。
なお飛び込む瞬間にみんながスマホカメラで撮影していたあれは明らかにいじめの様子だだと目撃者が証言していたそうです。

警察が出動するが…

警察が出動した際いじめグループは「母親の虐待が飛び込み自殺未遂の原因」と説明し母親が病院へ行くことを拒んでいたのです。

当初友達だと偽っていたいじめグループから被害者あてに心配するメールや着信が一切ないため不審に思い被害者のLINEを確認します。

そしてLINEに残っていたトークや画像からいじめを認識し旭川中央警察署少年課が捜査を開始することになります。

また母親による虐待がないことが判明したため入院中の娘と面会が許可されました。

いじめグループはなんと自身のスマートフォン初期化するなどして証拠隠滅を図っていたのです。

警察はデータを復元しわいせつ画像やわいせつ動画の証拠を入手します。

児童ポルノ禁止法違反で当時14歳未満だった他校の男子中学生の一人を触法少年が使いで厳重注意処分しその他のいじめグルーメンバーも強要罪の証拠不十分で厳重注意処分となりました。

しかし驚くことに厳重注意をされながらも加害者たちは再度バックアップから画像や動画のデータを取り戻し拡散したのです。

警察はもう一度データをすべて消去させますが今度はアプリにで保管したデータから、また拡散されるという画像流出が止まらない状況になっていきます。

旭川北星中学校の教頭の対応

いじめグループが所属していた中学校で弁護士同席のもと2019年8月29日に謝罪の会が実施されますが被害者の中学校は弁護士同席に難色を示し旭川市教育委員会による指導の末
2019年9月11日にようやく許可したと言います。

母親の支援者によれば被害者の中学校の謝罪の会は教員は全員退席し録音も禁止されていたのです。

また校内で起きた出来事ではないため、
わいせつ画像の拡散に責任は負えないと2019年当時の中学校教頭が母親に説明したといいます。

2019年当時の被害者の中学校校長によると被害者の女子中学生は小学生の頃から
パニックになることがあり小学校から
引き継ぎされていたいじめに関するアンケート調査を
毎年し行っているがいじめは認識されていない。今回の事件もいじめではない。

自慰行為強要と被害者の死亡に関係性はないと思うと発言したそうです。

被害者の中学校は被害者の保護者や旭川市教育委員会に対していじめの事実はなかったと説明します。

PTSDを発症帰らぬ人へ

それから被害者の女子中学生は2019年9月に引っ越したもののいじめによるPTSDを発症しており
2021年2月に失踪する直前まで入院や通院をしながら自宅で生活を送っていたそうです。

2021年2月13日
中学2年生の被害者の女子中学生は氷点下17度の凍てつくような寒さの夜、突然家を飛び出して行方不明になります
警察による公開捜査が行われたものの3月23日に雪の積もった公園で凍死した状態で発見されました。

体は凍っていたといいます検診より低体温証によって失踪して間もなく亡くなった可能性が高いことが判明しておりその上に雪が積もって発見が遅れてしまったのです。

その後行われた葬式には全中学校の関係者は誰1人として参列することはなかったといいます。

死亡してようやく重い腰が上がる

事件のその後本件に関して旭川市教育委員会や学校に300件以上の苦情の電話が相次いだことから、
2021年4月22日旭川市長や教育委員会が非公開の会議を開き、事実確認を改めて行う必要があるとして第三者を交えた調査を行うことを発表します。

地元テレビ局の報道関係者によれば週刊文春が報道するまで一般の大手メディアが報道しなかった理由として事件を掴んでいたものの自殺
未遂報道はご法度なこと加害者が全員未成年で小学生まで事件にかんでいたために報道しにくかったこと旭川市に地方都市独特の閉塞感があり噂話が拡散して被害者を追い詰めてしまう可能性があったとのことです

その後ツイッターをはじめとした SNS上に被害者の顔写真や加害者飛び出した一般人の個人情報流出が相次いでいきます。

被害者の遺族は第三者委員会の調査の結果を信じて待ちたいと思います。

ネットリンチもまた形を変えたいじめであり我々は望んでいませんと述べています

旭川女子中学生凍死事件被害者、廣瀬爽彩さんの生い立ち

被害者は2006年に旭川市で誕生します。
両親は幼児の頃に離婚したため母親との二人暮らしでした。

母結べ仲良く幸せな生活を送っていたといいます。
食べることが大好きで小学校のころは毎日元気に学校に通い勉強にも励んでいたそうです。

また将来は法務省で働いて正義の味方でいたいと明るい夢を持つ普通の女の子でした。

絵を描くことが大好きでカラフルな柄を好んで描いていたそうです。

第三者委員会の調査は11月末までに調査結果をまとめるとのことです。

-未成年事件
-, ,